酵素ダイエットのデメリット
@空腹は?

酵素ダイエットデメリット空腹

酵素ドリンクを飲む事で栄養バランスを整えながらも、簡単な断食期間を設ける酵素ダイエットは、脂肪の増加に悩む多くの方々が実践をしています。しかし空腹感がどうしても気になってしまい、数時間も経たずに断食をあきらめてしまったという人も少なくありません。

 

その断念の原因となる空腹感を抑えるために、少しとろみを付けたような酵素ドリンクが好評を集めており、胃の中にドリンクが残る感覚を実感できます。ドロドロとしていて飲みにくいという事も無く、断食の効果はしっかりと残っているからこそ、酵素ダイエットを長続きさせたい人にぴったりです。

 

ただし酵素ドリンクの味の好き嫌いがあるという、デメリットにも注意をしながら、購入する製品を決めなければいけません。その場合はおやつにコンニャクゼリーなどの低カロリー・食物繊維が豊富なものを選んで空腹感を紛らしましょう。

 

酵素ダイエットのデメリット
Aアレルギーは?

酵素ダイエットデメリットアレルギー

酵素ドリンクが栄養面に優れている理由は、数え切れないぐらい多くの食材を含んだ製品も多いためです。自力で野菜などを食べようとするよりも、栄養バランスの偏りが起きにくいという点でも、酵素ダイエットはデメリットが少ないと言われています。

 

しかし多くの食材を含んでいるドリンクだからこそのデメリットもあり、原材料一覧をよく見ていないせいで、アレルギー症状が起きてしまったという人もおられます。クルミや大豆などが原材料に含まれている事に気付かず、大量に酵素ドリンクを摂取して、アレルギー症状が起きるという可能性にも注意が必要です。

 

それでも自身のアレルギー症状に合わせて、自分の身体に合った酵素ドリンクを探すというのは決して難しい事ではありません。購入する前に自身のアレルギーをしっかりと把握しておけば、原材料をよく見るだけでアレルギーを回避することはできます。

 

酵素ダイエットのデメリット
B便秘・下痢は?

酵素ダイエットデメリット便秘下痢

便に含まれる水分のバランス調整を行えるのも、酵素ダイエットの大きなメリットの一つです。しかし人によっては水分量の調節機能がおかしくなり、一時的に下痢が起きてしまうという場合もあります。

 

そういう人は酵素ドリンクの摂取自体を止めてしまうのではなく、一度に飲む酵素ドリンクの量を調節するようにしてください。そして水分摂取量を調節する事も大切で、酵素ダイエットを始めた途端に便秘になってしまったという人は、コップ一杯の水を定期的に飲むといった対処が必要です。

 

酵素ドリンクを飲む事で水分補給が出来たと思い込んでいると、腸内の水分が不足してしまい、便秘が硬くなってしまう可能性もあります。水分調整が難しいというデメリットもありますが、それに慣れさえすればダイエット効果を実感しやすくなることでしょう。

 

>> 【男性にも効果的な酵素ドリンク!】  TOP